月別アーカイブ: 2013年5月

子どもが熱を出した時。

2013年4月26日(金)、にょろが生まれて初めての高熱を出しました(詳しくはこちら)。
その時に痛感したこと。

子どもの発熱をあまく見てはいけない。

Oさんも私も今まで高熱を出したことがなく、体温を下げるための道具が本当に少なかった我が家(熱冷ましのシートだけ)。
まだにょろくらいの子どもには、体の熱をうまく逃がすだけの仕組みが出来上がっていないんだそうです。
今回は37度7分まで下がっていたこともあり、私たちも油断していました。
子どもって、夕方になると急激に熱が上がるんですね。
そんなことも知らなかった。
救急病院の先生からは、「体は冷やさないようにしつつも、首やわきの下をしっかり冷やして、熱がこもらないようにしてあげてください」と言われました。
その後、友人からもいろいろ話を聞いたので、ここにまとめておこうと思います。

今回、うちはこのようなものを買いました。
わきの下用の冷却ジェル
柔らかな冷却ジェルをわきの下に固定して使えるようになっています。
替えもついているので便利です。
冷却ジェル枕
首に巻くものはちょっと怖いなと思ったので、授乳中なんかはこれで首を冷やすようにしていました。

まだ買ってはいないのですが、急場(冷却ジェルを冷やしていない時)には氷嚢があると便利だそうです。
氷ならたいていの場合どこの家庭にもあるし、なくてもスーパーで買うこともできますね。

どれもドラッグストアに置いてあります。
わきの下用の冷却ジェルは、ベビーのコーナーにある場合が多いかなと思います。
それから、熱冷ましの冷却シート、にょろはものすごく嫌がりました。
私もあまり好きではないのですが・・・。
これ、わきの下に貼ると良いそうです。
わきの下で嫌がらないようなら、わきの下用の冷却ジェルは不要かもしれないですね。
冷却ジェルそのものもあったので、その後買ってみました。
シートではないので、どうなのかな・・・と思いつつ。

子どもが熱を出した時、熱冷ましをもらうこともあるかと思います。
今回、うちは「シロップなら飲むだろう」との思いからシロップにしたのですが(坐薬も入れたことがなかったし)、2歳くらいだと飲めないことの方が多いらしいので、坐薬を選んだ方が確実です。
嫌がる子どもに薬を飲ませるのは至難の業。
それを考えたら、坐薬の方がずっと楽ですよ(熱冷ましの坐薬は使ってませんが、けいれん止めの坐薬を使って感じました)。