タグ : 成長

クッキングとトイレトレーニング。

昨日は支援センターでクッキングの日でした。
雨が降ってたから、車で。
そこまでひどく降ってたわけじゃないけど、雨の日の運転怖い・・・。
でもこれから幼稚園に通うようになったりしたら、送り迎えしないといけなくなるかもしれないから、雨の日の車の運転って出来ないと困るんだよね。
要練習。

支援センターのクッキングって、パン作ったり親子教室だったりと色々あるんだけど、今回は元保育所の栄養士さんたちが教えてくださるクッキングで(前回の記事はこちら)、今回のメインは魚料理。
サンマのかば焼きでした。
サンマのかば焼き、作ったことないよ。
Oさんはサンマ好きだけれど、サンマの塩焼きが好きで。
結婚して間もなく、自分でちゃんと下処理をしたサンマで煮つけを作ったら「塩焼きの方がいい」とのたまったので、それ以来サンマは塩焼きでしか出したことがない。
腹が立つ上にやる気がそがれると分かっているなら、初めからしない。
というわけで、サンマのかば焼きは作ったこともなければ、食べるのも久しぶり。
にょろに至っては、初めて食べるサンマ料理ということになりました。
前回同様、教えてくださる方々のこだわりというか、メインはサンマのかば焼きなんだけれど、それだけではダメということで、ひじきご飯とかおからの炊いたのとか高野豆腐の煮つけとか紅白なますとか豚汁とか、もう盛りだくさんのメニューに。
材料費は払うんだけれど、それ以上のものを食べさせてもらっている感じがする。
もちろんこれだけのものをその場では作れないから、教えてくださる方々が自宅で作って持ってきてくださったものも。
本当に豪華で言うことない。
今回は私もきちんと包丁を握り、豚汁に入れるごぼうと、ひじきご飯の具材になるしいたけを切ったりしました。
人前で包丁使う機会ってないから、すんごい緊張した。
たぶん私、包丁の持ち方おかしいんじゃないかと思う。
それにこういう場所で包丁使うと、普段どれだけ料理してるかとか、どれくらいから親の手伝いしてたかとかがよく分かるんだよね。
主婦歴7年目、大丈夫だっただろうか・・・。
「それなり」だったと信じたい・・・。
にょろも、一緒にこんにゃくちぎったりしたよ。
しいたけを切るときは、にょろと一緒に包丁持って切ったりも。
今、にょろはすごく料理に興味があるみたいだから、今から少しずつ教えていけば、将来しっかりお手伝いが出来る男子になるかもしれない。
それが良いか悪いか分かんないけど、台所に立つことに抵抗がないようにはしておきたいと思う。
親のエゴかしら。
ただ家で包丁を使わせるのはまだ怖いから、それはもうちょっと大きくなってから。
専用の包丁用意してからね。
今は蒸しパンとか食パン(今日も一緒に作ったよ)とか、そういうものだけかな。

出来上がった料理はどれもおいしくて、にょろもたくさん食べてた。
こういう場所だと、みんながいるからかたくさん食べられるよね。
やっぱり選り好みはしていたけど、それでも家にいるときよりはマシ。
サンマも少しだけど食べてたし。
久々に仲良しのYくんにも会えたから、テンション上がってたのもあるかも。
あまりに好きすぎて近寄りすぎて、Yくん引いてたけど(笑)。
Yくんのお母さんが笑って見ててくれたから良かった。
まぁ、どっちも男の子だから問題ないのかな。
Yくんとは、来週の保育所のイベントで会える予定。
以前お話ししたお母さんと娘さんにも久々に会えたんだけど、あちらがお友達と一緒だったので気を遣いすぎてまともにあいさつも出来ず、それだけが心残り・・・。
相手に「忘れちゃったのかな」って思われたかもしれないって後から思って、今度お会いした時はちゃんとお話しさせてもらおうと心に誓ったよ。
なかなかお会いできない人で、「地元の仲良しグループ」みたいな中にいる方だから、支援センターで会ってもあんまりお話し出来ないんだけど。
だからこそ、お会いできた時のあいさつって大事だったなって思った。
次お会いできる機会があったら、ちゃんとあいさつしよう。

そこそこ支援センターで食べて帰ったにょろだけれど、14時前に「ご飯食べる」と言い出したので、朝作っておいたお弁当を出して一緒に食べた。
「今日は支援センターでご飯食べるよ」って言ってはおいたけど、ちゃんと伝わってなかったのかも。
お弁当いつも通りに作っておいて良かった。
結構な量食べてたよー。
で、訊いてはいけないかもと思いつつ、「支援センターのご飯と母ちゃんのご飯、どっちがおいしい?」って訊いてみたら、迷うことなく「かあちゃんのー」と言ってくれた。
分かってるじゃん。
ここで「支援センターの」なんて言ったら、母ちゃんやる気なくして作らなくなるもんね。
にょろが私のご飯がおいしいと言ってくれたので、作るのは料理本の料理ばっかりだけど(変に手を加えなければおいしいの当たり前だけど)、これからも頑張って作ろうって気になった。
にょろ、ありがとう☆



最近、オムツを替えさせたがらないにょろ。
今朝起きたときに「オムツ替えるかトイレに行くか、どっちかしかないんだよ」って言ったら、トイレに行くことを選び、急にパンツを穿く気になった。
ので、天気は悪いけれどトイレトレーニング再開。
前回(いつやったか忘れた。にょろのお腹が治って間もなくだったと思うんだけど)、何度もパンツを穿き替えさせられて、「出る前に教えて」ってたびたび言われるのが嫌だったのか、それ以来パンツ自体を拒否するようになっていたから、パンツを穿こうとしただけ進歩!
分かってはいたけど、お漏らしの嵐・・・。
Oさんにいってらっしゃいした直後のお漏らし(1回目)。
それから30分後、車(おもちゃののりもの)に乗っている最中にお漏らし(2回目)。
さらに20分後、私のメイク中にお漏らし(3回目。この時は少量だったから床は汚れなかった)。
そして洗濯物を干している最中、「おしっこ」に成功!
極めつけは、パン作りの最中の生地発酵の待ち時間に、カーッペットの上でお漏らし(4回目)。
途中何回か「おしっこ」ってトイレには行くんだけど、出ない出ない出ない(そしてお漏らし)。
なかなか難しい。
午後から、眠たそうだったからオムツに穿き替えさせたんだけど(ズボンも枚数限界)、おしっこが出たのは言えるようになった。
出る前には言えないけど、昨日までは出てても「出てない」って言い張ってたから、進歩進歩。
オムツ穿いてても出る前に言えるようになるのが理想的だけど、それってやっぱり難しいのかな。
にょろみたいにトイレに誘っても嫌がるような子は、おしっこ出たら濡れるっていうのが分からないと、オムツは外せないのかもしれない。
この調子でやっていけたら、年内には外せるかな。
でも、トイレの間隔が短いのが気になる。
私もトイレが近いときは30分に1回のペースで行くから、何とも言えないんだけど・・・。
私に似たらトイレ近いかも。
男子は尿道が長いから、ちょっとのことなら大丈夫とか聞いたこともあるけど(中学の同級生は「トイレに行きたいと思ってから3時間は我慢できる」とか恐ろしいことを言っていた)、もう少し大きくなったら1時間はもつようになるんだろうか。
寝てる間も、寒くなってからはオムツから漏れるくらいだったりするし(体が大きくなったせいもあるんだろうけど、Lでは漏れるようになって夜間だけBigに変えた)、あんまりにもトイレが近いのも生活するのに不便だから、もう少し大きくなっても1時間もたないようなら病院に連れて行くとか考えないといけないかも。
子どもの過活動膀胱とかあるらしいから。
とりあえず今は、オムツが外れるように見守っていこう。
今のところ日中はLサイズだから、日中もBigを使わないといけなくなる前に外れたらいいな。

1歳7か月になりました。

早いもので、にょろも1歳7か月になりました。
昨日出来なかったことが今日には出来るようになっていたり、日々成長しています。

先日の日曜日、じぃじとばぁば(私の両親)が遊びに来てくれたのですが、その時にもビックリするようなことが。
ボール遊びをしていたら、急ににょろが、じぃじ・ばぁば・母ちゃんに順番にボールを投げてよこすようになったんです!
誰もそんなこと教えてないし、近くにいる誰かがボールを拾ってにょろに渡していただけで、順番になんかなってなかったのに。
支援センターにも滅多に連れて行かないし、人と触れ合う機会も少ないのに、こんなことどこで覚えたのか。
たまたまなのかなーとは思うけれど、もしにょろが考えてやってたことだとしたら、本当にすごいなーと。
こんなに小さいのに、誰もが仲間外れにならないように、退屈しないように、気を遣える子になっているってことだもの。
なんて、親バカですね(笑)。

今日(日付的には昨日)は、オムツを買いに行くのにも、にょろが歩いてくれることを期待してベビーカーを出さずに歩いて行ったら、行きは半分くらい抱っこだったけど、帰りは結構歩いてくれました。
小さいトートバッグを持って行って、軽いものをにょろに持たせて歩いたのも良かったみたい。
ただ、これくらい歩けるようになると、店内でカートに乗せるのか歩かせるのかという問題があって。
カートは、ひとりでどこかへ行ってしまったり、お店のものを勝手に触ったりしないようにするには、とっても便利なんだけれど、時にものすごく嫌がって大声を出したりするから、良し悪しだったりする。
にょろの場合、途中で降りたがって叫びだすことが多いんだよね。
特に私とふたりの時は、その傾向が強い。
そうなると、にょろを抱っこしてカートを押したり、カート押しつつにょろを連れて歩いたり、結構大変なの。
だから私はだいたい、にょろとふたりで買い物に行くときは、お客さんの少ない時間帯を選んで、カートを使わずににょろが悪さをしないように手を引いたり、誘導しながらさっさと買い物を済ませるんだけれど、それでもレジで手間取ったりして、次に待ってるお客さんに冷たい視線を投げられてしまうこともある。
私も子どもが好きではないから、「なんでカートに乗せて子どもを管理しておかない?」って思う気持ちも分かる。
イライラするのもよく分かる。
でも自分が子どもを持つ側になってくると、勝手な言い分だけれど、カートに乗せない理由も分かるようになって。
非常に難しいなと思う。
子どもが嫌いだと、目の前でちょろちょろしていても、カートで大泣きしていても、どっちもイライラするもんね・・・。
私もそうだもの。
子どもが出来て、子どもがいる側の気持ちも多少わかるようになったから、前ほどイライラしたりってことはないけど、やっぱり「親のしつけが」とか思ったりもするし。
最初っからベビーカーで買い物に行けば良いのかもしれないけど、これもカートと同じ問題があって難しい。
でも、これだけは絶対に守らないとと思うのは、ルールとマナー。
最低限のことは、きちんとしなくては。
「子どもがいる」のは、理由にならない。
子どもがいない人には子どもがいる側の事情は分からないのだし、子どもがいたって分からないことはあるもの。
それもちゃんと頭に入れて行動しないとね、と常々思っています。
って、こういう考え方も、独りよがりなのかなーなんて思ったりもするけれど。
私も成長していかなくっちゃね。

赤ちゃんの成長曲線。

母子手帳をお持ちの方なら、母子手帳に成長曲線が記入できるのをご存知かと思います。
むちゃくちゃ面倒くさがりな私には、わざわざ縦軸と横軸を見ながら点を打って線を引くだけの作業だけど、ものすごく面倒くさい。
そんなとき、友人のブログに『赤ちゃんの成長曲線』なるグラフが貼ってあるのを発見しました。
最初はただ見ていただけだったんだけど、このサイトに移動してみたら、なんと無料で使えるというではないですか!
これなら私にも出来るわ~と思って、早速登録&ブログに貼り付け。
このサイトのサイドバーにも貼り付けてみました。
これです。




これなら、健診やドラッグストアなどの育児相談で計測してもらったものを、さっと入力してしまえばグラフに反映されます。
基本的なデザインは変更できませんが、背景色やタイトル色、言語などは選ぶことが出来ます。
グラフも横幅だけなら変更可能。
ただ、否対応のブログもあるらしいので、そこはご利用になる前にご確認を。
私が使っているブログ(本家サイトの)はJUGEMの無料版ですが、貼り付け出来ます。
ちなみに、成長曲線の管理人さんはFC2BLOGだそうで、FC2BLOGだと、ある程度まで貼り付けサポートをしてくださるそうです。
今からブログを始められる方で、成長曲線を利用したいけど自信がないという場合は、FC2BLOGで始められるのが良いかもしれませんね。

赤ちゃんの成長曲線』を利用してみて、管理が楽なのはもちろんのこと、ブログやサイトに貼り付けることで、Oさんや実家の両親にも確認してもらうことが出来るから、それも良かったなと思います。
やっぱり、にょろを愛してくれるみんなに、にょろの成長を見て欲しいもの。
大変ありがたい。
オススメです。


赤ちゃんの成長曲線
http://babygraph.com/