タグ : 支援センター

クッキングとトイレトレーニング。

昨日は支援センターでクッキングの日でした。
雨が降ってたから、車で。
そこまでひどく降ってたわけじゃないけど、雨の日の運転怖い・・・。
でもこれから幼稚園に通うようになったりしたら、送り迎えしないといけなくなるかもしれないから、雨の日の車の運転って出来ないと困るんだよね。
要練習。

支援センターのクッキングって、パン作ったり親子教室だったりと色々あるんだけど、今回は元保育所の栄養士さんたちが教えてくださるクッキングで(前回の記事はこちら)、今回のメインは魚料理。
サンマのかば焼きでした。
サンマのかば焼き、作ったことないよ。
Oさんはサンマ好きだけれど、サンマの塩焼きが好きで。
結婚して間もなく、自分でちゃんと下処理をしたサンマで煮つけを作ったら「塩焼きの方がいい」とのたまったので、それ以来サンマは塩焼きでしか出したことがない。
腹が立つ上にやる気がそがれると分かっているなら、初めからしない。
というわけで、サンマのかば焼きは作ったこともなければ、食べるのも久しぶり。
にょろに至っては、初めて食べるサンマ料理ということになりました。
前回同様、教えてくださる方々のこだわりというか、メインはサンマのかば焼きなんだけれど、それだけではダメということで、ひじきご飯とかおからの炊いたのとか高野豆腐の煮つけとか紅白なますとか豚汁とか、もう盛りだくさんのメニューに。
材料費は払うんだけれど、それ以上のものを食べさせてもらっている感じがする。
もちろんこれだけのものをその場では作れないから、教えてくださる方々が自宅で作って持ってきてくださったものも。
本当に豪華で言うことない。
今回は私もきちんと包丁を握り、豚汁に入れるごぼうと、ひじきご飯の具材になるしいたけを切ったりしました。
人前で包丁使う機会ってないから、すんごい緊張した。
たぶん私、包丁の持ち方おかしいんじゃないかと思う。
それにこういう場所で包丁使うと、普段どれだけ料理してるかとか、どれくらいから親の手伝いしてたかとかがよく分かるんだよね。
主婦歴7年目、大丈夫だっただろうか・・・。
「それなり」だったと信じたい・・・。
にょろも、一緒にこんにゃくちぎったりしたよ。
しいたけを切るときは、にょろと一緒に包丁持って切ったりも。
今、にょろはすごく料理に興味があるみたいだから、今から少しずつ教えていけば、将来しっかりお手伝いが出来る男子になるかもしれない。
それが良いか悪いか分かんないけど、台所に立つことに抵抗がないようにはしておきたいと思う。
親のエゴかしら。
ただ家で包丁を使わせるのはまだ怖いから、それはもうちょっと大きくなってから。
専用の包丁用意してからね。
今は蒸しパンとか食パン(今日も一緒に作ったよ)とか、そういうものだけかな。

出来上がった料理はどれもおいしくて、にょろもたくさん食べてた。
こういう場所だと、みんながいるからかたくさん食べられるよね。
やっぱり選り好みはしていたけど、それでも家にいるときよりはマシ。
サンマも少しだけど食べてたし。
久々に仲良しのYくんにも会えたから、テンション上がってたのもあるかも。
あまりに好きすぎて近寄りすぎて、Yくん引いてたけど(笑)。
Yくんのお母さんが笑って見ててくれたから良かった。
まぁ、どっちも男の子だから問題ないのかな。
Yくんとは、来週の保育所のイベントで会える予定。
以前お話ししたお母さんと娘さんにも久々に会えたんだけど、あちらがお友達と一緒だったので気を遣いすぎてまともにあいさつも出来ず、それだけが心残り・・・。
相手に「忘れちゃったのかな」って思われたかもしれないって後から思って、今度お会いした時はちゃんとお話しさせてもらおうと心に誓ったよ。
なかなかお会いできない人で、「地元の仲良しグループ」みたいな中にいる方だから、支援センターで会ってもあんまりお話し出来ないんだけど。
だからこそ、お会いできた時のあいさつって大事だったなって思った。
次お会いできる機会があったら、ちゃんとあいさつしよう。

そこそこ支援センターで食べて帰ったにょろだけれど、14時前に「ご飯食べる」と言い出したので、朝作っておいたお弁当を出して一緒に食べた。
「今日は支援センターでご飯食べるよ」って言ってはおいたけど、ちゃんと伝わってなかったのかも。
お弁当いつも通りに作っておいて良かった。
結構な量食べてたよー。
で、訊いてはいけないかもと思いつつ、「支援センターのご飯と母ちゃんのご飯、どっちがおいしい?」って訊いてみたら、迷うことなく「かあちゃんのー」と言ってくれた。
分かってるじゃん。
ここで「支援センターの」なんて言ったら、母ちゃんやる気なくして作らなくなるもんね。
にょろが私のご飯がおいしいと言ってくれたので、作るのは料理本の料理ばっかりだけど(変に手を加えなければおいしいの当たり前だけど)、これからも頑張って作ろうって気になった。
にょろ、ありがとう☆



最近、オムツを替えさせたがらないにょろ。
今朝起きたときに「オムツ替えるかトイレに行くか、どっちかしかないんだよ」って言ったら、トイレに行くことを選び、急にパンツを穿く気になった。
ので、天気は悪いけれどトイレトレーニング再開。
前回(いつやったか忘れた。にょろのお腹が治って間もなくだったと思うんだけど)、何度もパンツを穿き替えさせられて、「出る前に教えて」ってたびたび言われるのが嫌だったのか、それ以来パンツ自体を拒否するようになっていたから、パンツを穿こうとしただけ進歩!
分かってはいたけど、お漏らしの嵐・・・。
Oさんにいってらっしゃいした直後のお漏らし(1回目)。
それから30分後、車(おもちゃののりもの)に乗っている最中にお漏らし(2回目)。
さらに20分後、私のメイク中にお漏らし(3回目。この時は少量だったから床は汚れなかった)。
そして洗濯物を干している最中、「おしっこ」に成功!
極めつけは、パン作りの最中の生地発酵の待ち時間に、カーッペットの上でお漏らし(4回目)。
途中何回か「おしっこ」ってトイレには行くんだけど、出ない出ない出ない(そしてお漏らし)。
なかなか難しい。
午後から、眠たそうだったからオムツに穿き替えさせたんだけど(ズボンも枚数限界)、おしっこが出たのは言えるようになった。
出る前には言えないけど、昨日までは出てても「出てない」って言い張ってたから、進歩進歩。
オムツ穿いてても出る前に言えるようになるのが理想的だけど、それってやっぱり難しいのかな。
にょろみたいにトイレに誘っても嫌がるような子は、おしっこ出たら濡れるっていうのが分からないと、オムツは外せないのかもしれない。
この調子でやっていけたら、年内には外せるかな。
でも、トイレの間隔が短いのが気になる。
私もトイレが近いときは30分に1回のペースで行くから、何とも言えないんだけど・・・。
私に似たらトイレ近いかも。
男子は尿道が長いから、ちょっとのことなら大丈夫とか聞いたこともあるけど(中学の同級生は「トイレに行きたいと思ってから3時間は我慢できる」とか恐ろしいことを言っていた)、もう少し大きくなったら1時間はもつようになるんだろうか。
寝てる間も、寒くなってからはオムツから漏れるくらいだったりするし(体が大きくなったせいもあるんだろうけど、Lでは漏れるようになって夜間だけBigに変えた)、あんまりにもトイレが近いのも生活するのに不便だから、もう少し大きくなっても1時間もたないようなら病院に連れて行くとか考えないといけないかも。
子どもの過活動膀胱とかあるらしいから。
とりあえず今は、オムツが外れるように見守っていこう。
今のところ日中はLサイズだから、日中もBigを使わないといけなくなる前に外れたらいいな。

にょろと歯医者へ。

前回行ったのいつだったのかな(あったあった、5月21日だって)。
先日、歯医者から定期検診のお知らせ(2回目。1回目は夏)が届いて、いい加減涼しくなってきたし行かなくてはということで、今日行ってきました。
1回目のお知らせで行かなかったのに、見捨てずに改めてお知らせを送ってくれるなんて、とっても親切。
今日は人も少なくて、行ったらすぐに診てもらえた。
歯科衛生士さんから「大きくなったねー」って言われて、嬉しくなる。
数か月前に数回しか行ってないのに、ちゃんと覚えてくれてる。
ありがたいね。
にょろ、今回も虫歯はナシ。
最近私も息子に食べさせるものがだんだんいい加減になってきて、滅多に買わないけど、もみじまんじゅう食べさせたり(生もみじ。息子大好き。たまに帰省する途中で寄ったSAで買ったりする)、時々ジャム塗ったロールパン食べさせたりするから、かなり心配だったんだ。
治療がないということは、歯医者嫌いになる日がまた遠のいた(良かった)。
で、問題は下の前歯裏の歯石。
「なんだ、思ったほどついてないね」って先生は言ってたけど、結構前からついてたんですよ、実は。
前回取ってもらってから、1カ月ともたなかったと思う。
仕上げ磨きも、させてくれたりさせてくれなかったり。
最近ちょっとだけさせてくれる回数増えたかなって感じだけど、毎回はまだ無理で。
でも歯医者では言われるがままに口を開けるし、先生から歯科衛生士さんから、会う人みんなに「いい子してるねー」「まだ保育所に行ってないとは思えない」とベタ褒めされるほどのいい子ちゃんっぷりを発揮。
家でもそうやっていい子してくれたら、苦労はしないんだが(とはいえ、外で悪い子されるよりはマシ)。
あっという間にクリーニングとフッ素塗りが済んで、「いい子してたから歯ブラシをあげよう」って先生から歯ブラシをもらい、帰りがけにくじ引きをさせてもらい(今回の景品はメロンの形をした消しゴム。かな?)、何の問題もなく終了。
また4カ月後くらいにお知らせをくださるそうなので、その頃になったらまた連れて行こうと思う。

次は私がクリーニングに行く番。
私も前回行ったのが1月だから、行っておかないと。
私にも半年経った頃お知らせが来ていたんだけど、徒歩で行くには暑すぎる時期だったから(私の運転技術では注射が出来ない駐車場なのです)、そのままにしちゃったんだよねー。
どうやら大人は、行かなかったらそのまま放置されるらしい。
まぁ、子どもも大人も「あの人来ないわね」って、お知らせ出し続けたり出来ないよね。
子どもの分だけでもちゃんと把握してくれてるのは、本当にありがたいと思う。
私も「連れて行かなきゃなー」って思ってたけど、電話するのが嫌いだから先延ばしにしてた時に、はがきが来たから「電話するか」って行動に移せたし(ダメ親)。
天気がどうかなーって思いつつも、30日の10時に予約。
どうか晴れますように。

ちなみに、今日は歩いて行きました。
ベビーカーも使わず。
前は途中で「だっこ」だのなんだの言ってきて大変だったけど(確か雪が降ってて傘もさしていて死にそうになった)、自分で歩いてくれるからかなり楽に。
行きは近くの銀行に寄って、帰りはスーパーに寄り道して帰ったけど(フッ素塗ってから30分は何も食べられないから。家に帰ると何か食べたがるから時間稼ぎのために)、1回も「だっこ」って言わなかった。
これなら、30日は雨が降っても大丈夫かも。
息子用の合羽も長靴も買ってあるし。


日付が前後しますが、19日はパートナー支援で、Oさんとにょろ、支援センターでクッキングでした。
前回の親子教室の時にもらったレシピ集の中から、何品か作ったらしい。
Oさん、人参すりおろしたって言ってたかなぁ?(忘れた)。
普段全然料理はしない人だからどうなるかなって心配してたけど、どうってことはなかったみたい。
今回は人数も少なくて、みんなにょろと同学年の子ばっかりだったらしい。
普段のクッキングは人数多くてちょこっとしか出来ないけど、お野菜お鍋に入れたりお手伝いがいっぱい出来て良かったね。
ご飯もたくさん食べたらしいよ。
その間に、私はインフルエンザの予防接種へ。
「妊娠されてる? うちは妊婦さんの予防接種はしない方針なんよ」と看護師さんに言われる。
いえ、お腹は出てますが妊娠してません・・・。
いい加減、このお腹はなんとかしないといけませんね、そうですよね、そうですよ、今更ですけども。
先週1週間、気落ちしてダラダラ過ごしてたら、1キロ体重が増え、便秘になり、吹き出物も出来て散々。
普段も別に運動とかしないけど、ダラダラしてたらダメなんだなって、改めて思った。
運動はしないけど(宣言)、ダラダラもしない。
大事なことだ。
友達が電話やメールをくれて浮上したので、1週間ほぼ放置していた手帳も開きました。
手帳を放置してた1週間、やること忘れたり、手順を間違えて慌てたりしたから、やっぱり手帳って大事だなって実感。
って言うほど活用してないんだけど、あるのとないのとでは全然違うのが分かったから、今週からはちゃんと手帳を開いて確認するようにしてる。
週間リフィルは、やっとOさんが作ってくれたものに切り替わりました。
わーい!
まだちょっと慣れないけど、これからこれから。
ちょこっとやる気出して、冷蔵庫には時間関係なくささっとやってしまえる用事や、「○日までにやる」という忘れたくない用、Oさんへの確認事項を書き込んだ付箋を貼るシートを作って活用中。
これが意外に便利だった(今の私には手帳より便利かもしれない)。
書き込む用の付箋も、シートにマステで固定して貼ってるんだけど、これがちょっとイマイチ。
何か良い方法がないか考え中です。


そういえば、前にごほうび付きの目標を立てたんだけど、達成しましたー。
思ってたよりあっさりと。
洗い物がちょこっと残ったりする日もあったんだけど、朝食までに5分余裕があった日や3品作れる日もあったから、そこはチャラで(甘いかな)。
起床してから1時間半で夕飯2品作れるので、午後からが非常に楽になり(午後から台所に立つのは、次の日のお弁当&夕飯の下準備と洗い物の時だけ)、こうやってにょろの昼寝中にゆっくりブログの更新も出来るように。
最初は「お弁当と朝の味噌汁作るだけでいっぱいいっぱいなのに、夕飯の下準備なんて無理無理」って思ってたけど、下準備が出来るようになったら夕飯作りも出来るようになって。
人間、やろうと思えばできる。
3品目がレンチンで出来る料理なら、3品作るのも可能かもしれないとすら思う。
最終目標は『1時間半でお弁当おかず4品+夕飯3品+朝ご飯+その日に作るおやつの材料の計量』なんだけど、息子のお弁当に手がかかるようになったら、さすがに無理かなって思う。
手の込んだキャラ弁は作るつもりないけど、少しかわいい感じにしようと思ったら、今みたいにただ詰めるだけじゃダメだもんね。
何はともあれ目標は達成したので、後日マスキングテープを買おうと思います。
今究極にお金ないから・・・。
通帳記入に行ったら、哀しい現実目の当たりにしたから・・・。

ミュージックケア。

今日は支援センターの5カ月連続企画の4回目。
参加自体は3回目ですが、予約もせずに行ったら(私としたことがすっかり忘れていて)、人数が少なかったせいかすんなり入れてもらえました。
良かった。
今までは数人、息子と同じ学年の子(息子よりは誕生日が早い子ばっかり)がいるのだけれど、今日はなんと息子が最年長だった。
珍しい。
それで事あるごとに、ミュージックケアの先生に前に呼んでもらい、お手本的なことをさせてもらったり。
こういうのも、今までだったらひとりでは絶対に出来ないことで。
初めて参加したときは、道具を前に取りに行くのも、私が一緒でなくてはいけなかった。
それが今日は、最初から、呼ばれたら振り返ることなく前に行き、ひとりで道具をもらってきたり返しに行ったり、最後はひとり先生のド真ん前を陣取り、真似っこをしたりしていた。
終わった後、先生と少しお話出来る時間があるのだけれど、その間はずーっと遊戯室の中を走り回っていて、こういうこともちょっと前までは出来なかったんだよね。
静かに周囲を窺って、ぴたっと私に寄り添って。
私も、いつもはにょろと同じ学年になる子たちを見て、全然違う、こんなこと出来ない、いつになったら出来るようになるんだろうってことばっかり気にしていたけど(頭では「この時期はまだ差があって当たり前」だって分かっている)、今日はにょろが一番大きかったから比べる対象がいなくて、素直ににょろの成長を見ることが出来たから良かった。
先生との質問タイムでも、貴重なお話が聞けたから良かったなー。
子どもがその空間に早く慣れるためには、親がゆったりした気持ちで、ママ友とおしゃべりしたりせずにどっしり構えてるのが良いんだそうな。
うーん、私はすぐそわそわしちゃうから無理だ。
全然できてない。
日常生活にミュージックケア的なことを取り入れられたらいいなって思っていたんだけれど、こういうのはメリハリが大切でたまにやるから効果があるので、普段は普通に家にあるおもちゃで遊んだり、支援センターで遊んだりするのが良いらしい。
先生のお話だけでなく、小学生のお子さんがいるお母さんのお話が聞けたりもして、今後の参考になった。
ミュージックケアは来月で最後。
今度はちゃんと予約をして、参加したいと思います。

帰ってからは、しっかりご飯を食べて(あれだけ走り回ればお腹もすく)、すぐに寝るかなと思ったらなかなか寝ないので、蒸しパンを作ったりして。
最近、だんだんおやつもいい加減になってきて、子ども用のおやつではなく、普通のおせんべいやビスケットなんかを出しちゃうこともあるんだけど(ここ2日は味噌屋さんのイベントで買ったかりんとうだったし。でもまだチョコレートは解禁してないです)、出来れば手作りにしたいなって気持ちはやっぱりあって、余裕があれば一緒に作るようにしている。
今日はレーズンの入った蒸しパンと、あんずジャムを混ぜ込んだ蒸しパン。
ちょっと多めに作って、2日に渡って食べます。
冷蔵庫に入れておいても、レンチンしたらほっかほかになるからね。
パンケーキよりも、息子は蒸しパンの方が好きみたい。
型に生地を入れるのが楽しいんだよね、きっと。
今度は型抜きクッキー作りたいな。
実家から花とかの型はもらってきたから、もう少しかわいいのを買い足して。
息子が幼稚園とか行き出したら、毎日おやつ作りしたい。
家に帰ったらお母さんの手作りお菓子があるって、ちょっとだけ憧れてたから。
週末だけは市販のおやつをみんなでつまむ。
そういうのが理想。
まぁ現実はそう甘くはないんだろうけどね・・・。
私のことだから、1週間もしたら毎日のお菓子作りに厭きそうだ(汗)。