『街』


君と歩いた場所を見たくて
久しぶりに立ち寄った
あの時君と見たビルは
今日も同じように聳え立ち
あの時君と笑った看板も
同じように僕を見下ろしていた

この街は何も変わらない
君や僕だけが
変わってしまったんだね
変わらないつもりだったのに
いつの間に
僕たちはこんなにも変わってしまったんだろう

洋服を変えるように
季節を変えるこの街は
何も変わらず
また僕を
迎えてくれるだろう
しぼんでしまったときは
また僕を
懐かしい思いでいっぱいにしておくれ