「自分」を語れる相手がいること

それは


とても幸せなこと