自分の心のままだと思った

すべてが

自分のままだと思った

そこに在ること自体が

自然なのだと思った